学校の概要

 

教育目標

 

  • 豊かな知性と感性
  • 健康な心と体
  • 向上進取の精神

 

本校の特色

 

校長からのメッセージ

 

 ようこそ、武蔵高校へ!緑豊かな武蔵野の自然に囲まれて六十余年の輝かしい伝統と世界各地の第一線で活躍する先輩たちに見守られ、新しく施設・設備の整った校舎で常に自らを変化させ進化し続ける武蔵高校です。青春の一時、武蔵高校で一緒に過ごしませんか。夢多き皆さんを心から、お待ちしています。

 

武蔵高校では、


 1 何よりも授業を大切にします。

   ・先生方は日々の授業に全力投球です。
   ・隔週に土曜日授業を実施します。
   ・平日の補習、長期休業中の補習で学力向上への支援を積極的に行います。
   ・一年生では、国語・数学・英語の授業に力を入れ、基礎学力の充実を図ります。
   ・高大連携で大学の授業に接することができます。

 2 文武両道に優れた人材を育成します。

   ・授業に、音楽祭、体育祭、文化祭や部活動、奉仕体験活動に、生徒は日々一生懸命取り組んでいます。

 3 生徒の一歩進んだ進路実現を支援します。

   ・国立大学、公立大学、早大、慶大等合格者計約75名                                               

武蔵高校は、世界や日本の明日を担う逞しい人材の育成を目指します


 ※ 以下は 本校教育目標に呼応して生徒が自主的に設定したもの

   ・個性を豊かに養い、常に真理を求める人となりましょう。
   ・正義を愛し、勤労と責任を重んずる人となりましょう。
   ・明朗にして品位を保ち、心身ともに健康な人となりましょう。

 

 

学校沿革

 昭和15年4月 東京府立第十三高等女学校として開校
   16年4月 東京府立武蔵高等女学校と改称

   18年7月 東京都立武蔵高等女学校と改称

   23年4月 東京都立武蔵女子新制高等学校と改称
   24年4月 東京都立武蔵女子高等学校と改称
   25年1月 東京都立武蔵高等学校となり、4月、男女共学が始まる。
   38年3月 増改築旧校舎(鉄筋4階建て、普通教室11、昇降口)竣工。
 平成11年3月 現校舎全面改築 設計開始
   12年3月 新校舎建築着工
   14年3月 新校舎完成
   15年3月 グラウンド整地完了
   20年4月 武蔵高等学校附属中学校を開校

   22年11月 開校70周年記念式典

 

校章

校章1. 校章は、創立当時生徒と先生からのデザインを募集し、職員協議会で相談した後、美術の大橋太朗先生によって作成されたものである。
2. 校章の真中の「武」(図中1)は「ム」と読み、丸く柔らかに表現してある。」また、4つの同心円をつなぐ柱3本(図中2)は、「サ」を表わし、同心円4つで「シ」を表している。よって123を併せて「ムサシ」と読む。
3. 円の外側(図中4は「八咫(やた)の鏡」を模したものである。これは当時(旧制女学校時代)女性の魂としての鑑を「八咫の鏡」とつないだものと言われている。
         4. 明るく清き直き誠の心を表現した。
         5. 最初は、武蔵野の花の紫をつける予定だったが、実現されなかった。

           *以上が、創立当時本校に勤められておられた酒井先生から伺った由来である。
〒180-0022 東京都武蔵野市境4-13-28
電話 : 0422-51-4554 ファクシミリ : 0422-51-3966
E-mail : S1000176@section.metro.tokyo.jp