印刷

日々の学校生活 2016(平成28)年7月から2017(平成29)年3月

 

オーストラリア語学研修最終日 4/2 高1

本日は帰国日です。
集合場所を変更しましたが、無事ブリスベン空港に到着しました。
予定通りの航空便で成田空港に到着し、19時30分ごろ成田空港で解散になりました




 

オーストラリア語学研修6日目 4/1 高1

 いよいよ、明日は帰国日となります。
 現在、現地のホームスティ担当者が各ホストファミリーと随時連絡を取り合っており、生徒は健康で、ホストファミリーと一緒に、安全に過ごしております。
 明日は各ホスト先からヒルズ学園に集合、大型バスで空港に向かう予定でしたが、ヒルズ学園周辺の道路の冠水のため、集合場所を変更し、予定どおりの航空便で成田空港に到着する予定です。





 

オーストラリア語学研修5日目 3/31 高1

   現地は、昨日のサイクロン後の低気圧の影響により、雨はやみましたが強風が残り、一部道路が冠水しています。そのため、ヒルズ学園は生徒の安全確保を踏まえ、本日も休校となりました。生徒たちは、本日もホームステイ先で、その家族やその友人たちと一緒に過ごします。現地のホームステイ担当者が各ホストファミリーと随時連絡を取り合っており、生徒は安全に過ごしております。





 

オーストラリア語学研修4日目 3/30 高1

  本日サイクロンの影響(直撃ではありません)で、大雨による道路冠水の可能性があるため、一日ヒルズ学園は休講となりました。なお、本日は、クイーンズランド州一帯の学校が休講となっています。生徒は、ホームステイ先で一日待機・学習となり、安全に過ごしています。




 

オーストラリア語学研修3日目 3/29 高1

ヒルズ学園での活動の様子です。

ヒルズ学園の施設
 

 

現地の教員による英語の授業
 
                                                                代表者が現地校の生徒の前で英語でスピーチしました
 

現地校の生徒と1日バディを組み、授業を受けました。昼食も一緒に食べました。
 



 



昼休みにヒルズ学園生徒と遊ぶ武蔵生
 




 

オーストラリア語学研修2日目 3/28 高1

ブリスベン空港に到着しました。入国手続き後、午前中は2班に分かれて、スーパーマーケットでのショッピング、マウントクーサ展望台、ローンパイン(動物園)等ブリスベン市内を観光しました。
市内レストラン「WATT」で昼食をとり、高速道路を使ってヒルズ学園へ移動しました。ヒルズ学園での姉妹校提携セレモニー、語学研修オリエンテーション、生活レクチャー後、5日間お世話になるホストファミリーと面会し、各家庭へ向かいました。

入国ゲートへ向かう生徒達               無事入国審査をクリア
 

                                                               スーパーマーケットでのショッピング
 

 

マウントクーサ展望台
 



ローンパイン(動物園)
 

 

 

 

市内レストラン「WATT」で昼食
 

  

 



ヒルズ学園到着                    姉妹校提携セレモニー
 

英語でスピーチをする校長先生            ペナントをプレゼント
 

ホストファミリーとの対面
 

 

オーストラリア語学研修 3/27~ 高1

3月27日(月)から、高校1年生186名がオーストラリア語学研修に行きます。一般家庭にホームスティをしながら語学学校に通い、語学レッスン及びアクティビティ等に参加する予定です。
15時30分学校集合でしたが、大きなトランクを持ち全員時間通りに集合しました。海外語学研修担当の先生から諸注意があり、その後学年主任の先生からお話がありました。16時にはバスで成田へ向け出発しました。
 
 

 

 

 



 

卒業生による「進路体験講話」を実施しました。 高1 3/24

修了式の3月24日(金)、高校1学年最後の授業として、先日卒業したばかりの卒業生による進路体験講話が行われました。東京大学、一橋大学、大阪大学、東京外国語大学、佐賀医科大学に見事現役合格した5名の卒業生から、志望校の決定方法、志望校決定後の受験勉強への取り組みなどについての体験を聞きました。部活動と勉強の両立や模擬試験の活用や振り返り方法など、大変具体的なアドバイスを受けることができました。






 

オーストラリア語学研修事前指導を実施しました。 高1 3/22

今月末に行われるオーストラリア語学研修に向けて、3月22日(水)の5時間目に最後の事前指導が行われました。語学研修の栞を配付し、その読み合わせと、各自がお世話になるホストファミリーが決定し、ファミリーの詳細についての確認を行いました。
オーストラリア語学研修では、5泊6日にわたって、クイーンズランド州のブリスベン郊外にあるヒルズ・インターナショナル・カレッジ(HIC)にお世話になり、午後まで様々なアクティビティー(語学研修)を行います。夕方からは、それぞれのホームに帰宅し、各家庭でホームスティを行います。
万全の態勢で語学研修に臨めるように、出発当日までは荷物の確認と体調管理をしっかりと行うように確認しました。

 

球技大会実施 高1  3/23

 男子 バスケットの様子
 
 女子 ラグビーの様子
 

 




 

体験授業「ベビーカーの旅」を行いました。   高1  3/21

3月21日(火)高校1年家庭基礎の授業では、コンビ株式会社の方を招いて「ベビーカーの旅」という体験授業を行いました。グループにわかれ、それぞれのミッションを与えられてロールプレイングを行いながら校内をショッピングモールに見立てて歩きました。ベビーカーには赤ちゃん人形をのせ、3歳のお兄ちゃんや育児に熱心でないお父さんなど役になりきって子供のいる家庭を体験していました。少子化で兄弟も近所のこどもも少ない中、貴重な体験ができました。
 

 






 

第69回卒業式が挙行されました。 3/18

3月18日(土)に第69回卒業式が挙行され、192名の生徒が卒業しました。

卒業証書授与
 

 

校長式辞                        卒業生の言葉
 

 

卒業生合唱
 

校歌斉唱


 

  





 
 

GTECを受験しました 高1 3/17

高校1年生が3月17日(金)の1・2時間目に、GTEC for Students Advancedを受験しました。



 

音楽の授業でアンサンブルの発表を行いました。 高1 3/15,17,22

3月15日(水)17日(金)22日(水)の1年生音楽の授業で、アンサンブルの発表会を行いました。最後の発表になりますので、1番自信をもって発表できる内容をグループごとに考え、練習に取り組んできました。表情豊かな演奏、調和のとれた息の合った演奏、一人で多くの楽器に挑戦したグループもありました。皆、工夫をし、一生懸命演奏、美術選択のクラスメートも聴きに来てくれ、和やかな演奏会になりました。

 

 

 






 

高校3年生による「進路体験講話」を実施しました。 高2 3/16

3月16日(木)5・6時間目、東大や上智大などの難関大学や国立大学医学部に合格した高校3年生7名を迎えて「進路体験講話」を実施しました。
この春卒業する「先輩」から、学習や入試などに関する体験談やアドバイスをいただく貴重な機会ということで、受験生となる高校2年生の生徒たちは真剣に聞き入っていました。
高校3年生から、「来年は君たちの番だ!」とバトンを渡された生徒たち。受験に臨む一年間をしっかり走り切って欲しいと思います。頑張れ!




 

センター試験早期対策模試を実施しました。 高2 3/13,14

 3月13日(月)と14日(火)の放課後、高校2年生は、1月のセンター同日体験受験に引き続き、センター試験の問題特性を体感する目的で、センター試験早期対策模試を実施しました。自己採点までしっかり実施し、本番での自己採点の精度アップを図ることができました。




 

生徒会が国連難民高等弁務官駐日事務所等より感謝状をもらいました。

生徒会役員の御挨拶
「昨年7月の夏休みから9月の文化祭にかけて、中高生徒会役員と高校1年生奉仕体験の選択者で取り組んできた古着回収活動が、先日株式会社ユニクロ、国連難民高等弁務官駐日事務所より表彰され、感謝状と報告DVDをいただきました。武蔵生をはじめ、近隣の小学校や児童館、地域の方々に温かいご支援とご協力を賜りましたことを、心から感謝申し上げます。この企画は、都立高校12校が参加・運営する「青空委員会」でも紹介をしました。今後もさらなる発展に貢献していきたいと思っています。来年度も引き続きよろしくお願いします!
高校生徒会執行部・中学生徒会役員会」




 

生徒参加のパネルディスカッションを実施しました。 高1 3/8

3月8日(水)5・6時間目、「人間と社会」の授業では、キャリア・デザインの一環として、生徒が参加するパネルディスカッションが行われました。NPO法人「ディレクトフォース」から4名のパネラーをお招きし、生徒4名を代表に、生徒全員での意見交換を行いました。
今回のテーマは「グローバル社会を生き抜く」ということで、まずはゲスト・パネラーの藤村峯一さんから基調講演を頂き、その後ゲストの皆さんと生徒の間で活発なディスカッションが交わされました。世界に羽ばたくリーダーとして必要な資質とは何かについて話し合いました。





 
 

高等学校混声の部で銅賞を受賞しました。合唱部  2/5

合唱部は、2月5日(日)に行われた東京都合唱連盟、朝日新聞社主催の「東京 春のコーラスコンテンスト 2017」に中・高合同で出場し、高等学校混声の部で銅賞を受賞しました。
「東京 春のコーラスコンテスト」は関東近県の合唱の盛んな学校が出場する絶対評価によるコンテストで、高等学校混声の部には14校が出場し,「東京都立武蔵高等学校・附属中学校合唱部」を含む4校が銅賞(75~80点)以上を獲得しました。インフルエンザでステージに載れない部員もいるなか、中学生16名、高校生19名の35名でオラ・イェイロ作曲の「Northern Lights」と千原英喜作曲の「わが抒情詩」を豊かで緻密なハーモニーで歌い上げました。今回の銅賞受賞により、「東京都立武蔵高等学校・附属中学校合唱部」は、このコンテストで5年連続の入賞となりました。
 

記述模試を実施しました。 高1・2  2/7

2月7日(火)、中学1・2年生は学力推移調査(国語・数学・英語・学習実態調査)、中学3年生は実力テスト、高校1・2年生は記述模試を実施しました。高校2年生は理科・社会の試験も行いましたので、終了時間が17時30分ごろになりました。




 

頑張れ高3! 特別授業終了

1月16日(月)~30日(月)、高校3年生の授業では、特別授業が行われました。国公立2次試験や私立大学受験向けの授業の他、個別指導、面接指導なども行われ、職員室や準備室には3年生の姿が多くみられました。2月には私立大学の受験が始まります。健闘を祈っています。





 

推薦に基づく入学選抜が行われました。1/26

1月26日(木)推薦に基づく入学選抜が行われ、受検生が、小論文、集団討論、個人面接に取り組みました。





 

民族音楽アンサンブルの発表会を行いました。高1  1/25

1月25日(水)、高校1年生音楽の授業で、民族音楽アンサンブルの発表会を行いました。
日頃接することの少ないアジア・アフリカの音楽に関する鑑賞授業の後、少人数のグループに分かれ、アンサンブルの練習を行いました。「草原情歌」「ラサ・サヤンゲ」「ウスクダラ」「マライカ」などの比較的有名な曲の他、全く知らない曲を練習したグループもありました。原語に挑戦、ハモリのパート・打楽器パートを作曲など、グループごとにそれぞれが選曲した曲(国)の特徴を表現しようと工夫して練習に取り組みました。東京オリンピック・パラリンピックに向け外国の方に接する機会が増えます。いろいろな国の文化に興味を持ち、それらを大切にしてほしいと思います。
  練習風景 
 

 

 

 発表の様子
 

 




 

「選挙出前講座」を実施   高2  1/18

 1月18日(水)5・6時間目に高校2年生では、キャリア学習において「選挙出前講座」を実施しました。公職選挙法の改正により、一部の生徒は在学中に選挙権を得ることになります。そこで今回は武蔵野市選挙管理委員会の方をお迎えし、生徒の政治や選挙への関心を高め、政治的教養を育む機会を設定しました。選挙の意義と知識に関する講義を受けた後、模擬選挙(架空の候補者の政見を聞き、ディスカッション・模擬投票・開票・結果発表・総括)という内容でした。投票会場には本物の用具を設置し、本番さながらの環境を整えていただいたこともあり、多くの生徒が真剣に話を聞き、考えながら、初めての模擬投票に取り組んでいました。自分が有権者になるという意識を高めるうえで、有意義な行事となりました。

  

 

 




 

奉仕体験活動成果発表会  高1  1/18

 1月18日(水)5・6時間目、高校1年生の「人間と社会」の授業では、奉仕体験活動のまとめとして、成果発表会が行われました。生徒は希望するコースを一つ選択し、この一年間を通して体験した奉仕活動の成果を発表しました。
生徒が実際に体験したコースは、所属の運動部による大会運営/運動部、文化部による小中学生への技術指導/地域のイベントのお手伝い/消防署監修の総合防災ボランティア/特別支援学校、小学校、児童館での学習補助/理科実験教室の企画、運営補助/地域の公園、緑地、森林の整備活動/難民対象の衣料品リサイクル活動 など、多岐にわたります。
それぞれのグループ毎に、活動内容の紹介から、活動を通して学んだこと、奉仕活動の意義についてまで、精力的な発表が行われました。
 




 

「センター同日体験受験」に取り組みました。 高2  高1   1/15   /16

1月15日(日)センター試験から一日遅れのセンター同日模試が行われました。
高校1年生は全員が外部会場に分かれ、本番さながらの緊張感の中での受験となりました。
早速自己採点を行いましたが、学習領域によっては未履修の範囲が含まれているのにもかかわらず、現役生に負けない得点をあげた生徒もいます。
正式な成績通知はこれからですが、成績と今回の経験を生かし、自己採点の精度を上げる、自分の弱点や課題を見極める、今後の学習方針に改善点を盛り込むなど、本校の教育目標「向上進取」の精神で反省をしてもらいたいと思います。


1月15日(日)・16日(月)に、高校2年生が「センター同日体験受験」に取り組みました。今年度の問題を、(本校では一日遅れではありますが)本番さながらの時程で解き、志望校の合格判定まで行います。来年度に向け、最新の出題傾向を知るとともに、現在の実力を客観的に捉える機会ということで、生徒は意欲的に取り組んでいました。





 


高校3年生 大学入試センター試験受験~最後まで自分を信じて頑張れ!

吐く息も白くなる、凍てつくような寒さの1月14日(土)・15日(日)の2日間、大学入試センター試験が実施されました。本校生徒も、一橋大学、東京学芸大学など5つの会場に分かれ、ほぼ全員の生徒が試験に臨みました。少し緊張した面持ちで入校する生徒、普段通りに友達と話しながら入校する生徒など様々でしたが、2日間、自分の実力を十分発揮してくれたと思います。本校生徒の約2/3は、5教科7.8科目(国公立型)でセンター試験を受験しています。これから、1月下旬から実施される私立大学の受験を経て、2月下旬に実施される国公立大学の入試まで約1か月、自分の目標に向かって頑張ってください。






 

3学期始業式を実施。  1/10(火)

1月10日(火)1時間目に3学期始業式が行われました。
高橋校長先生からは、「大きな夢、高い志を持って努力をしよう」、生活指導部の先生からは、「知らない方にも挨拶をしよう」「時間を守ろう」「相手を思いやる気持ちを持とう」など日常生活についてのお話がありました。その後、1月に着任された外国人講師の先生から英語で挨拶、ピティナ・ピアノコンペティション全国大会の表彰がありました。
2時間目からは、課題テスト、学年集会、HRなど学年ごとに内容が異なりました。高校2年生は5時間目から、高校3年生は4時間目から通常授業になり、冬休み明けの初日にもかかわらず、とても忙しい1日でした。

校長先生のお話              生活指導主任のお話
 
新規着任したJETのご挨拶         表彰
 

 

高校3年生 センターマラソン実施   平成29(2017)年1/7(土),1/8(日)

センター試験まで一週間余りとなった1月7・8日の2日間、センター試験の予想問題を、本番とほぼ同一時程で解く「センターマラソン」が実施されました。センター試験は、教科間の休み時間が長いため、どのようにリラックスをして休み時間を過ごすかがポイントの一つになります。参加した129人の生徒は、緊張した面持ちで問題に取組んでいました。

 



ウィンターセミナー(勉強合宿)を実施しました。   高2   12/25~/29

12月25日(日)から、大学進学に向けた発展的な学習を集中的に行うため、国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて3泊4日のウィンターセミナー(勉強合宿)を実施しました。連日90分の授業を4~5時限行うとともに、夕食後の2時間の自習時間には東大に進学した卒業生2名がチューターとして参加し、個別指導を受ける機会も得ました。学習以外のことをする時間はほとんどないスケジュールでしたが、参加した40人の生徒は高度な内容に積極的に取り組むとともに、入試を共に乗り越えていく切磋琢磨する友人関係を築くことができ、とても有意義な行事になりました。

 英語(1)                   数学(1)
 
 英語(2)                   数学(2)
 









 

美化・避難訓練・終業式が行われました。  12/22

12月22日(木)、美化・避難訓練・終業式が行われました。
9時20分に震度5強の地震、調理室より火災発生を想定した避難訓練を行いました。全員すみやかに体育館へ避難し、榎副校長先生から講評がありました。
終業式では、高橋校長先生からPTA主催の講演会でいらしていただいた根木慎志さんの話、生活指導部の先生からは2学期を振り返ってのお話がありました。その後、吹奏楽部、柔道部、科学の甲子園(高校)、科学の甲子園ジュニア全国大会(中学)の表彰がありました。
明日から1月9日(月)までは冬季休業日になります。今年はカレンダーの関係で休業期間が長くなりましたので、どの学年も冬休みの課題がたくさん出ています。中学生は1月13日に漢字検定が予定されていますので、そのための勉強も含まれています。中学3年生は、4月から個人研究を行っている地球学のまとめの時期に入っています。1月10日には研究論文提出、24日にはパワーポイントファイルの提出があります。
高校2年生は12月25日(日)~28日(水)にウィンターセミナー(勉強合宿)が予定されています。
規則正しい生活を心掛け、1月10日(火)には全員元気に登校してほしいと思います。
 

 

 

 



 

首都大学東京を訪問して授業を受けてきました。 高1 11/22

 高校1年生は、キャリア教育の一環として首都大学東京南大沢キャンパスを訪問し、現役の大学の先生から講義を受け、日々の学習や将来の進路について考えました。
 最初に生命科学専攻の松浦先生より、「自発的に学び、考えることの大切さ」について講演をいただきました。続いて、人文・社会系国際文化コース欧米文化論分野の古屋准教授より、「カフカと「掟の門前」について」と題し、20世紀を代表するドイツ語文学の特徴とカフカの問題意識の在り方について講義を受け、大学レベルの授業を体験しました。
 午後は、現役の学生から日常生活の様子を聞いたり、広大なキャンパス内の施設をいくつか見学させてもらったりして、大学生活を体験する非常に充実した一日となりました。
 

高等学校文化連盟音楽部門多摩北地区大会  11/20

11月20日(日)、高等学校文化連盟音楽部門多摩北地区大会が国立音楽大学講堂で開催され、室内楽部・合唱部・吹奏楽部が出場しました。本来は高校生の大会ですが、日頃一緒に活動している中学生も参加させていただきました。
室内楽部は、今回出演した部員17名中13名が中学生でしたが、息の合った演奏を披露しました。「こうもり序曲」は難しい曲ですが、閉会式の山本幸正先生(国立音楽大学教授)の講評の中で、「曲の特徴をとらえている、フレーズがきれいに表現されている、技術も高い」とお褒めの言葉をいただきました。
合唱部は、「夢」「わが抒情詩」を演奏しました。どの学校も部員数が20名以下でしたが、本校は37名で演奏しましたので、ステージいっぱいに部員が広がりたっぷりとした声量をホール中に響かせていました。1曲はア・カペラ、もう1曲はピアノ付きの曲を配置も変え、表情豊かに演奏しました。高校生は地区合同合唱にも参加しましたが、責任者・ソリスト・ピアニスト全て本校の生徒が担当、地区の中心となり練習を進めていました。
吹奏楽部は41名で「春の猟犬」を演奏しました。多摩北地区で作成している冊子に好きな曲を記入しますが、「春の猟犬」があがっていました。多摩北地区の吹奏楽部はどの学校もレベルが高く、本校も生き生きとした演奏を披露していました。毎年楽器見張り係のチーフを引き受けているので、朝1番にホールへ行き、帰りも1番最後にホールを出ます。係りの仕事も丁寧に責任もって行っていました。




 

科学の祭典 研究発表会及び表彰式に行ってきました。高2 11/20

11月20日(日)科学の祭典 研究発表会及び表彰式が、大手町サンケイプラザホールで行われました。
研究発表会では、生物部が「コオロギの記憶について」を、本校を代表しポスター発表しました。たくさんの質問を受け、有意義な発表会となりました。
第6回科学の甲子園東京都大会 高校生の表彰式では、総合第2位を受賞しました。実技と物理・化学・生物・地学・数学・情報の筆記試験に6名で取り組みました。実技は第1位、誤差は0.8cmでした。情報も第1位、地学第2位、物理第4位とどの教科も健闘しました。
中学生科学コンテストの表彰式では、東京都知事賞を受賞しました。筑波大学附属駒場中学校のチームと一緒に「第4回科学の甲子園ジュニア全国大会」出場が決まっています。
 



 

PTA文化部ながつき会主催の講演会   根木慎志さん(シドニーパラリンピック車椅子バスケットボール日本代表キャプテン)をお迎えしました   11/19

11月19日(土)本校PTA文化部ながつき会主催の講演会があり、講師として根木慎志さん(シドニーパラリンピック車椅子バスケットボール日本代表キャプテン)をお迎えしました。「道を拓こう~アスリートに学ぶ18歳からの挑戦~」というテーマで、講演とデモンストレーションを約90分、生徒(希望者)・保護者・地域の皆様に行ってくださいました。
講演では、ご自身の体験談や全国で講演をするようになるまで、リオパラリンピックについて、東京パラリンピックに向けて、障害を持つということ、夢を追いかけるとは?等いろいろなお話がありました。
講演後は体育館に移動し、車椅子バスケのお手本を見せてくださいました。男女バスケットボール部員や保護者の方も車椅子バスケを体験しました。
参加したバスケットボール部員からは、次のような感想がありました。
「根木さんは、障害をもつことは苦しいことではないとおっしゃっていました。根木さんの話によると障害をもっていても日々の生活は楽しいし、不自由なことはあるが、他人と違うことは当たり前だと、その言葉に印象を受けました。自分にしかできないことを自分らしく頑張ることが夢を叶えることにつながるのだと痛感しました。」
「根木さんが体が不自由なことを障害としてではなく個性ととらえているのが素敵な考え方だと思いました。また、トーク力がすごくて、とても楽しい講演でした。」

最後に全員で写真撮影をしました。勇気、元気、夢を本気で持つことの大切さ、東京オリンピック・パラリンピックが楽しみなど、参加者の心に多くのことが響きました。PTA文化部ながつき会の役員の皆様が、何度も学校に来校され、念入りに準備を行ってくださったおかげだと思います。ありがとうございました。

 

 





 

第6回 科学の甲子園東京都大会で総合第2位になりました   11/13

11月13日(日)、科学の祭典(第6回 科学の甲子園東京都大会)が行われました。参加校は46校。筆記試験(物理・化学・生物・地学・数学・情報)と実技試験が実施され、その総合得点で総合順位が決まります。本校の高校2年生チーム(6人で1チーム)は、実技試験が第1位、総合順位が第2位でした。



 



 

11月の授業公開を実施しました  11/11 /12 /14

11月11日(金)、12日(土)、14日(月)に授業公開を実施しました。382名の方が来校され、中学1年生から高校2年生までの授業をご覧になりました。ご来校、ありがとうございました。
中学校では、12日(土)の3時間目に道徳授業地区公開講座、4時間目に協議会も行われました。道徳授業のテーマは次の通りです。
1年生:世界の中の日本人として自覚をもち、国際的視野に立って世界の平和と人類の幸福に貢献する。
2年生:生命の尊さを理解し、かけがえのない自他の生命を尊重する。
3年生:友情の尊さを理解して、心から信頼できる友達を持ち、互いに励まし合い高めあう。
協議会では、武蔵野市立第五中学校の菅野由紀子校長先生をお招きして、指導助言を受けるとともに、活発な意見交換がなされました。
              授業公開風景と道徳の授業
 

 

                道徳授業後の協議会
 



 


進路説明会・進学説明会を実施しました  高1・高2対象 11/14-17

看護・医療系進路説明会

11月14日(月)の放課後を利用して、看護・医療系に進学を希望する生徒対象の進路説明会を実施しました。参加したのは、高校1、2年生約10名です。講師として東京医療学院大学 学生課長 武川洋介様をお招きし、進学のための情報をお聞きしました。この分野を希望する生徒は、比較的早い時期から強い希望を持っていることが多いため、この日も1時間30分の講話を熱心に聞いていました。

 

東京外国語大学進学説明会

11月16日(水)の放課後には、東京外国語大学 総務企画部戦略支援室 山口登之様においでいただき、進路説明会を実施しました。参加したのは、高校1、2年生17名です。東京外国語大学に関わる情報だけではなく、大学受験をすることの意義、進学してから必要になる教養など、多岐に渡るお話を聞くことができました。講演終了後には、多数の生徒の質問にお答えいただきました。
 
 

東京学芸大学進学説明会

11月17日(木)の放課後には、東京学芸大学 総務部広報企画課の染矢様からお話をいただきました。参加したのは、高校1、2年生21名です。学校教育系と教育支援系の違い、どんな免許や資格がとれるか、キャリア支援、卒業後の進路、学生生活支援、留学、入試の概要についてなどの話をしていただきました。全体会が終わった後にも、長い間多くの生徒の個別質問にていねいに答えていただきました。

 



 

生徒総会が実施されました   11/16

11月16日(水)6時間目に生徒総会が実施されました。前期活動報告が行われ、後期活動方針が承認されました。後期の活動は高校一年生が主体となります。フレッシュな感覚で活躍してほしいと思います。



 

高校1・2年生を対象とした大学模擬授業が行われました  11/9

11月9日(水)5・6時間目に、高校1・2年生を対象とした大学模擬授業が行われました。埼玉大学、首都大学東京、電気通信大学、東京大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東北大学、明治大学、早稲田大学から9名の先生をお招きして、専門的な講義を行っていただきました。生徒は自分の興味ある講義を選び、熱心に聞いていました。進路選択の大きな材料になりました。





 

高校3年生を対象とした進路講演会が実施されました  11/9

11月9日(水)6時間目に、高校3年生を対象とした進路講演会が実施されました。
   最初に、ベネッセコーポレーションによる「進路実現に向けて今からすべきこと」と題した講演が行われ、今年の大学入試の志望校動向、センター試験、二次試験に向けた学習・出願スケジュールなどについて講演して頂きました。その後、学習進路部からは具体的な受験校決定の進め方、保健部からは受験までの健康維持についてのお話がありました。
  センター試験まであと60日あまり、生徒は多少緊張した面持ちでそれぞれの話を聞いていました。

 



 

武蔵野総合防災訓練に高1が参加しました  10/30

10月30日(日)に武蔵野総合防災訓練が実施され、本校の1年生が奉仕活動として13名参加しました。境南小学校に災害本部が設置され、市長を本部長とした大規模な訓練が行われました。
本校の1年生は「避難行動要支援者対策訓練」へ参加しました。災害支援コーディネーターより指示を受け、地図を持ちながら要支援者の住居を探し、安否確認や実際に避難場所へ避難誘導を行うという役割でした。
本番さながらの訓練で、参加した1年生は公的機関のみならず、民間の企業や地域の方々、地域の学生など様々な方々の協力で、安全な避難が成立すると実感していました。

 


 

高校1・2年生は総合学力テストを、3年生はマーク模試を実施     11/5

  11月5日(土)高校1・2年生は総合学力テストを、3年生はマーク模試を実施しました。1年生は3教科でしたので13時40分に終了しましたが、2・3年生は5教科でしたので18時ごろ終了した生徒もいました。
  3年生にとってはこれが校内最後の模擬試験になります。10月8日(土)に実施した記述模試の結果とあわせて志望校決定の大切な資料になります。夏休みにじっくり勉強した成果が出てくる時期です。返却を楽しみにしています。体調を崩さずに受験勉強に取り組んでほしいです。



 

高校生徒会役員選挙会が行われました  11/2

11月2日(水)6時間目に生徒会役員選挙が実施され、立候補者全員が信任されました。それぞれの公約を実行にうつして、自主的で活発な生徒会活動が実施されることを期待しています。

 


 

校外学習へ行ってきました  高校1年生  10/27

10月27日(木)、高校1年生は「江戸からTokyoへ ~昔と今を体感しよう」と銘打って校外学習を実施しました。この行事は、2年生で「江戸から東京へ」を学ぶにあたり、東京の街に繰り出して今に残る江戸の名残を訪ね歩き、伝統や文化が現在にどのように引き継がれてきているのかを探し求めてみようという行事です。事前にクラスの中で班を作り、班ごとに設定したテーマに沿ってポイントを巡りました。
   両国駅前の「江戸東京博物館」をスタートに、同博物館で軽く予習をした後、班ごとに都内各所を目指して散っていきました。一部の生徒は「東京大学先端科学技術研究センター」を訪問し、施設見学だけでなく、エネルギー・環境と合成生物学の各分野において日本の第一線で活躍する研究者の方から直接話を聞く機会を得ることができました。4時ごろまでに全員が、無事、上野東京文化会館前に戻り、行事は終了しました。
   点呼を兼ねて様子を尋ねると、どの生徒の表情もぱっと明るくなり、楽しそうに一日の出来事を語ってくれました。後日提出されたレポートには訪れたポイントの写真が添付され、それは工夫された構図と笑顔に満ちあふれ、楽しい行事であったことを伺わせます。この学年は4月から今日まで校外に出る機会に恵まれなかったため、生徒たちは学習の成果だけでなく、天気が良い暖かい秋の一日を存分に満喫できたのではないかと思います。


 

  

 

 


 

国際宇宙ステーション(ISS)で活動している宇宙飛行士と本校高3生が交信しました  10/26

 10月26日(水)、国際宇宙ステーション(ISS)で活動している大西卓哉宇宙飛行士、ケイト・ルビンス宇宙飛行士(米国)との交信イベント(文部科学省主催)が国立科学博物館で行われました。
 今回の交信イベントでは、過去4回宇宙に滞在した若田光一宇宙飛行士が進行役として参加し、松野博一文部科学大臣、鶴保庸介宇宙政策担当大臣、企業の方、高校生2名など8人が交信者として参加しました。
 その中の1人として、本校天文部、高校3年生の生徒が選ばれました。数ある高校の中で本校が選ばれた理由は、平成27年度衛星設計コンテストにおいて、過去に利用されていた宇宙船でのシャワーの問題点の解決策として「宇宙でシャワーを快適に使う方法」を提案し、ジュニア部門奨励賞を受賞したためです。
 21時40分~22時00分の20分間、大西宇宙飛行士と交信しました。
 その中で、本校の生徒は、ルビンス宇宙飛行士に「私たちは風や撥水性素材を利用した『宇宙でシャワーを快適に使う方法』を検討しました。この研究を通して宇宙空間で水を扱うことの難しさについて実感しました。国際宇宙ステーションで行った実験のうち、無重力空間という宇宙の特徴を生かした実験はどのようなものがありましたか。」という質問をしました。
たくさんのマスコミに囲まれ緊張しましたが、大変貴重な経験ができました。



 

「第60回日本学生科学賞」(東京都大会)で奨励賞を受賞しました。 高校3年生

10月29日(土)に「第60回日本学生科学賞」の表彰式が千代田区の日本プレスセンターホールで行われ、高校3年生の生徒が奨励賞を受賞しました。
 研究テーマは「コオロギの記憶力について」です。

 style=




 

特別企画   図書館で「覆面文庫」貸し出し中  11/1 - 15

図書館では、秋の読書週間(10/27~11/9)のイベントとして「覆面文庫」を企画しました。
「覆面文庫」とは、展示する本に、その本から抜き出した1文を書きだしたカバー(=覆面)をかけ、書名や著者名などの情報を一切ふせて、借りる本を選んでもらう企画です。先生方や中学・高校の図書委員にもおすすめの一冊から1文を推薦してもらい、さまざまなジャンルの本が集まりました。利用した人には、カバーに引用された一文が印刷されたしおりをプレゼントしています。
思いもかけない本との出会いが待っているかもしれません。ぜひ参加してみてください。

 








 

尺八の授業を実施しました 高校1年生  10/14

10月14日(金)、高校1年生音楽の授業時に東京藝術大学邦楽科尺八専攻の学生さんが来校し、尺八についての解説の他「六段の調べ」「春の海」を大浦美紀子先生(元東京藝術大学講師)と一緒に演奏して下さいました。尺八・箏の素敵な音色に感動し、また同世代の方が日本の伝統音楽を継承されていくことに多々感じることがありました。
 
「六段の調べ」グループ発表
 




医師志望者(高1~高3)へ救急科専門医を招いて講演会実施 10/14

3月まで済生会中央病院救命救急センターに6年間勤務され、現在旭川医科大学大学院博士課程在籍で救急科専門医の高橋未来さんを講師にお招きし、「医学部ってどんなところ?医者ってどんな仕事?」という演題で高校1年から3年の医師志望者にお話しいただきました。
高校3年の冬、大雪の降った後の澄み渡る夜空を見て抱いた「人はなぜ生まれてきて死んでいくのか」という強烈な疑問と、2011年の大震災を機に、患者さんにとって「最後の砦」である救命救急センターへ進まれました。そんな使命感溢れる先生から大学時代、研修医時代を通じて実感された大切な事を生徒たちに伝えていただきました。


 


10月の授業公開終了しました

  10月5日(水)から7日(金)まで授業公開を実施しました。平日でしたが、167名の方が来校され、中学1年生から高校2年生までの授業をご覧になりました。ご来校、ありがとうございました。アンケートには、「オンライン英会話(高校2年生)」「パソコンを使用し自分の演技を画像で確認(中学1年生)」「ダンス(中学1年生)」「スマホで調べながらの授業(高校1年生)」など、御自分の学生時代とは異なる様子に驚かれた方もいらっしゃいました。また、前回は、月・火・土曜日に実施、今回は水・木・金曜日に設定しましたので、「平日でゆっくり見学できた」というご意見もいただきましたが、「土曜日に実施してほしい」というご意見も多数いただきました。次回の授業公開は、11月11日(金)、12日(土)、14日(月)に予定していますので、小学生・中学生の皆さんも是非お越しください。
 
 


 

オンライン英会話を実施しています(英語教育推進校) 高校2年生

今年度、武蔵高校は英語教育推進校に指定されました。その取り組みの一貫として、オンライン英会話が高校2年生対象に9月からスタートしました。生徒1人にiPad1枚が配布され、Skypeを通じてフィリピンの英会話講師とマンツーマンで1回30分程度会話をします。1人1人が30分間会話をし続けるという機会は集団授業の中ではほとんど生まれません。最初は緊張もありましたが、2回目、3回目と回数を重ねるごとに徐々に慣れていき、生徒たちはとても意欲的に取り組んでいます。3月まで合計15回ほど実施予定です。
 


 


箏の授業を行いました  高校1年生

高校1年生の音楽では、毎年9月・10月に箏の授業を行っています。1人1面の箏を使い、「六段の調べ」初段を全員で練習します。9月30日(A組)10月5日(B~E組)には、筝の演奏家大浦美紀子先生(元東京藝術大学講師)が指導をして下さいました。大浦先生は本校卒業生でいらっしゃるので、毎年指導に来て下さいます。様々な手法の紹介や素晴らしい演奏を披露して下さいました。
 

 
 


10月5日(水)高校2年生 進路講演会

ベネッセの方を講師に迎え、三大行事が終わったこの時期から大学入試を見据えて取り組むべきことを、模擬試験の結果データなどをふまえてお話しいただきました。学習と進路への意識が大いに高まりました。




 

古着回収はおかげさまで無事終了しました  9/28

7月から始まった古着回収活動(高校生徒会執行部と中学生徒会役員会主催)が、9月10日、11日の文化祭での回収をもって終了しました。現在、生徒会執行部で選別・配送の作業を行っています。今年度は例年よりも多く、段ボール箱17個分もの古着を回収することができました。回収された古着は、着用可能なものは国連の機関を通じて海外の難民キャンプの子供たちに届けられ、着用不可のものは燃料や繊維リサイクルに利用されます。この活動は、引き続き来年度の夏にも取り組んでいく予定です。ご協力いただき、ありがとうございました。

 

マーク模試実施  3年生  9/22

9月22日(木)秋分の日に高校3年生のマーク模試が行われました。武蔵祭が終了しまだ1週間もたっていませんが、8時40分から18時30分頃まで、自分に必要な科目を選び、問題に取り組みました。センター試験の申し込みも終わり、これからは受験勉強一筋です。


 


避難訓練実施  9/14


9月14日(水)4時間目に、調理室からの出火を想定した避難訓練が行われました。体育館への避難訓練の後、警視庁災害対策課による防災講話を実施しました。首都直下型地震をシュミレーションしたDVD視聴の後、熊本地震の警視庁による救助活動についてお話しいただきました。DVDでも講話においても、「自分の命を守る行動を」というメッセージが強く発信され、生徒たちは真剣に聞き入っていました。

 


 


始業式と学力テスト 8/25

8月25日(木)、1時間目に2学期の始業式が行われ、校長先生、生活指導部の先生からお話がありました。2時間目からは学年ごとに異なり、中学1年生は課題テスト、中学2年生は学力総合調査(国語・数学・英語・教科融合)を行いました。高校1年生は課題テスト、高校2・3年生は記述模試を行いました。まだまだ夏休みの気分は抜けませんが、中学3年生と高校1年生は今日から授業開始です。
 



公民科の主権者教育    高校1年生  7/6

7月6日(水)6時間目に、7月10日参議院選挙、7月31日東京都知事選挙に向けて、選挙犯罪に巻き込まれないように、主権者教育に関わる講話が公民科の先生からありました。途中に○×クイズもあり、楽しく学習できました。
 
 


ビブリオバトル学年代表決定戦実施  7/9

Bibliobattle! 知的書評合戦
平成28年度ビブリオバトル決勝戦☆チャンプ本が決定
「土漠の花」月村了衛

 7月9日(土)4時間目、高校1年生全員が視聴覚室に集合。図書委員の運営で、学年代表決定戦が行われました。
今回のチャンプ本は、1A代表者推薦の「土漠の花」が選ばれました。彼独特のユーモア溢れるプレゼンテーションに会場全体が惹きつけられました。高校生は持ち時間一人5分間(公式ルール)ですが、「ただ原稿を読み上げるのは無し」となると、意外と難しいものです。今回は各クラスでの予選を勝ち抜いた代表者(強者ぞろい)なので、単にあらすじを紹介するだけでなく、思わず読みたくなるような表現力を存分に発揮してくれました。!
 決勝戦進出者の紹介本
  1A代表者推薦 「土漠の花」月村了衛
  1B代表者推薦 「いたいのいたいの、とんでゆけ」三秋縋
  1C代表者推薦 「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦
  1D代表者推薦 「虹の岬の喫茶店」森沢明夫
  1E代表者推薦 「そんなバカな!―遺伝子と神について」竹内久美子
 なお、代表者は9月に行われる都大会に学校代表として出場します。健闘を祈りたいですね。


通学路清掃実施  7/6

 毎年高校1年生では、奉仕活動として通学路の清掃活動を行っています。今年度は、7月6日(水)の「人間と社会」の授業で、学校周辺の清掃を行いました。各クラスで清掃領域を分担し、トングとごみ袋を持って1時間程度にわたり、目立つごみを拾い集めました。
雑誌や空き缶、空き瓶をはじめ、壊れたビニール傘など、様々なごみが集められました。整備委員の皆さんは、清掃用具の配付からごみの分別までを、全員のまとめ役として率先して行い、大変ご苦労様でした。
  



部活の夏合宿を実施しました 8/2

 7月25日(月)から高校のクラブ合宿が始まりました。クラブにより行き先や日数が異なります。
 運動部はほとんどのクラブが4泊5日で合宿を実施します。今年は、7月25日(月)~29日(金)に実施したクラブが多く、長野県佐久グループ(男子バスケットボール・ダンス・男子バドミントン・女子バドミントン部)、静岡県小山グループ(硬式野球・剣道・卓球・合気道部)、山梨県清里グループ(男子バレーボール・女子バレーボール部)など合同で合宿を行いました。
 文化部は合宿を実施するクラブが少なく、今年は合唱・室内楽・吹奏楽・生物部の4団体が2泊又は3泊で合宿を実施しました。
 基本は高校生の合宿ですが、クラブによっては中学3年生も一緒に合宿に参加します。今年は約60名の中学3年生が高校合宿に参加しました。
 日頃忙しい武蔵生にとって集中して練習に取り組むことができますので、技術の向上、部員間の親睦も深まる楽しい行事です。
      柔道部                生物部                                                   山岳部
   
                        

 

体育祭の入場門を作成しています


夏休み中ですが、連日美術部員が4階エレベーターホールで体育祭の入退場門を作成しています高校の体育祭は5つの団で競いますが、それぞれの団の団旗作成も始まっています。どのような門になるか、どのような団旗ができあがるか、今からとても楽しみです。


 

1学期終業式、避難訓練、結団式が行われました 7/20

 7月20日(水)、1学期の終業式、避難訓練、結団式が行われました。最初に、1階食堂での火災発生を想定した避難訓練(中高合同、第2回)が行われました。生徒達は放送の指示に従い、口にハンカチをあてるなどして、すみやかに体育館へ避難しました。副校長先生、担当の保健部の先生から講評がありました。

 その後、1学期の終業式が行われ、校長先生、生活指導部の先生のお話、表彰がありました。国際数学オリンピック(世界大会銀メダル)、伊藤園お~いお茶新俳句大賞(佳作2名)、高校の女子バドミントン部・女子バレーボール部・ラグビー部・柔道部が表彰されました。

 終業式後、体育祭に向けての結団式がありました。中学生の体育祭実行委員は、それぞれのクラスが可愛らしく勝利の決意表明をしていました。高校生も各色団の団長が奇抜なパフォーマンスを披露し、勝利に向けて士気を鼓舞していました。中高合同の競技もありますが、それぞれのクラスが学年を超えて団結し、頑張ってほしいと思います。

  

  

  

 

  
 

 

国際数学オリンピック香港大会で銀メダル獲得!! 7/16

 第57回国際数学オリンピック香港大会の日本代表選手に選ばれた本校2年生松島 康 君が、銀メダルを獲得しました。国際数学オリンピックは、毎年7月の2週間、各国の持ち回りで開催され、国内コンテストなどで選ばれた6名の代表選手が派遣されます。世界109カ国、602名の生徒たちが参加する数学好きの少年少女の国際的祭典です。7月11日と12日の2日間に9時間をかけて6問を解き、その正否を競いました。日本の国別順位は10位でした。ちなみに、1位米国、2位韓国、3位中国だそうです。

松島君と高橋校長 
         出発前の松島君 と 高橋校長              終業式で全校に披露した時の松島君
 

7月5日(火)熱中症予防講習会を実施

 7月5日(火)13時30分より本校視聴覚室にて『熱中症予防講習会』を行いました。大塚製薬の講師の方をお招きし、運動部を中心とした計86名の生徒が参加しました。炎天下での運動の危険性、水分補給の必要性などの話を、クイズを交えながら楽しく学びました。
夏本番に向けて質の高いトレーニングができるよう、生徒は皆意欲的に講義に取り組んでいました。
 
〒180-0022 東京都武蔵野市境4-13-28
電話 : 0422-51-4554 ファクシミリ : 0422-51-3966
E-mail : S1000176@section.metro.tokyo.jp