印刷

日々の学校生活 2017(平成29)年2・3学期

  オーストラリア語学研修 高1 3/24~3/29

3月24日から3月29日にかけて、高校1年生がオーストラリアに語学研修に行きました。ブリスベンの博物館見学、大学見学、ジンブンバのヒルズ・インターナショナル・スクールでの授業参加など、生徒たちは熱心に活動に取り組みました。ホームステイ先では英語を使う機会も多くあり、実際に英語を使うということに対してそれぞれ課題や目標を発見したようです。充実した研修旅行となりました。
 
成田空港にて
 


 

ブリスベン空港到着                         マウントクーサ展望台にて
 

Hills International Collegeに到着           ホストファミリーとの対面
  


2日目 アポニジニ文化体験
 


3日目    Hills International Collegeで
 


3月29日研修最終日     ヒルズ学園始業前
午前6時30分(日本時間午前5時30分)、生徒は全員無事にヒルズ学園を出発し、ブリスベン空港に向かいました。ホストファミリーと、涙のお別れをする姿も見られました。
 これから全員で成田空港に向かいます。
 
ホストファミリーとのお別れ
  
 
閉校式前



ブリスベン空港 離陸前
  
3月29日 17時30分頃に成田空港に到着しました。

観光と研修のスナップ
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 



平成29年度 修了式  3/23

 3月23日(金)に平成29年度の修了式が行われました。校長先生からは今春の受験結果をふまえたお話、生活指導部の先生からは来年度それぞれの学年に望むこと、登下校マナーについてのお話がありました。その後、書初中央展(東京都教育委員会賞)、聞き書き甲子園(優秀作品賞)、地学オリンピック(本選銅賞)、高校男子バレーボール部、高校卓球部、合唱部が表彰されました。
 最後に、3月末に御退職をされ、本校を去られる先生からのお話もありました。

   校長先生の式辞の様子                   生活指導部の先生の話

 

                           
                       表彰の様子

  
 

  


                      退職される先生方のお話

   




3月17日(土)に卒業式が行われました。


 

 


 


2018年 第28回日本数学オリンピック(JMO) において、本校高校3年生が川井杯・金賞を受賞しました。




 

合唱部が銀賞を受賞しました。2/4(日)

合唱部は、2月4日(日)に行われた東京都合唱連盟、朝日新聞社主催の「東京 春のコーラスコンテンスト 2018」に中・高合同で出場しました。「東京 春のコーラスコンテスト」は関東近県の合唱の盛んな学校が出場する絶対評価によるコンテストで、高等学校混声の部には13校が出場し、「東京都立武蔵高等学校・附属中学校合唱部」は、高等学校混声の部の第2位で銀賞(80点以上)を受賞しました。
中学生14名、高校生20名の34名で松下耕作曲の「湯かむり唄」と「Everyone Sang」を、生徒指揮により、美しいハーモニーで生き生きと歌い上げました。
今回の銀賞受賞により、「東京都立武蔵高等学校・附属中学校合唱部」は、このコンテストで6年連続の入賞となりました。






 
 
 

第3学期始業式などが行われました。1/9(火)

【始業式】
 校長先生から式辞と生活指導部担当よりお話しがありました。 



 

第2学期終業式などが行われました。12/22(金) 

【避難訓練と講話】
 本日は避難訓練に合わせて防災講話が行われました。明治学院大学の浅川達人教授をお招きし、「災害時必要な情報とは」というタイトルで全校生徒にお話しいただきました。浅川先生はフードデザートの研究者で、東日本大震災後、定期的に被災地を訪れ、調査や支援を行っておられます。ご講話では、大槌町の事例を取り上げながら、災害時に必要な情報を自分で考える力が大切だというお話がありました。東日本大震災から6年がたち、当時の記憶も薄れていく中、避難訓練など自分事化して行動していくことの大切さを学んだようです。
【終業式】
 校長先生から式辞と生活指導担当より冬休み中生活についての注意がありました。
【表彰など】
 中学は科学のコンテスト参加生徒と陸上競技部、高校は科学の甲子園、科学のフォトコンテスト参加生徒、陸上競技部、柔道部、水泳部が表彰されました。
 

 

 



球技大会を行いました。(高校1年生)12/19日(火)

 冬のさわやかな空気の下、サッカーやドッジボール、玉入れなどで各クラスが競い合い、白熱した戦いを繰り広げました。生徒たちは自分のクラスメートの競技を熱心に応援していました。
 


 




科学の祭典表彰式に参加しました (高校2年生・生物部)11/26(日)

 11月12日(日)に都立日比谷高校で行われた、「科学の祭典(科学の甲子園東京大会)」の表彰式が、11月26日(日)東京ビッグサイトにて行われました。
 高等学校の部の総合順位は、参加46校中本校は第6位でしたが、筆記競技の情報領域で第1位に輝き、東京都教育委員会より表彰されました。同時に、本校生物部によるポスター発表も行われ、月に一回程度森林・里山調査を継続している「東京都檜原村での里山活動」の中間報告も行いました。
 詳しくは、東京都教育委員会のこちらからご覧ください。

 
 




東京都高等学校文化祭音楽部門多摩北地区大会に、室内楽部・合唱部・吹奏楽部が出演しました。(11月26日)

 11月26日(日)に東京都高等学校文化祭音楽部門多摩北地区大会(主催 東京都高等学校文化連盟 東京都教育委員会)が国立音楽大学講堂をお借りして行われ、高文連音楽部門に加盟している旧8学区と旧9学区にある学校の、吹奏楽・合唱・器楽管弦楽(全36団体)が出演しました。
 本校からは、室内楽部がチャイコフスキー作曲の名曲「弦楽セレナーデ」C-Durより第2楽章を演奏しました。指揮者を置かなかったものの微妙なアゴーギクを見事に表現した立派な演奏でした。合唱部は総勢32名で「プレイズ ヒズ ホーリー ネーム」と、松下耕作曲の「湯かむり唄」を演奏しました。指揮は生徒が行いましたが、曲に適した表現力が会場を魅了しました。吹奏楽部は清水大輔作曲のオリジナル曲「ネバーランドの冒険物語」を演奏しました。同じく生徒指揮の特徴をいかし若さ溢れる演奏となりました。
 いずれの部活動も中学生とともに練習した成果を本番で発揮することができ、大きな拍手が会場から送られていました。
 また、この大会は演奏者だけではなく、運営者の一員として係りの役割や、聴衆として聴くことが求められることが特徴にもなっています。三つの部ともきちんと責任を果たしておりました。一日ご苦労様でした。


 

科学の祭典に参加 (高校2年生)11/12(日)

 11月12日(日曜日)、日比谷高校にて行われた「科学の祭典(科学の甲子園東京大会)」に本校の生徒が参加しました。
午前中は筆記競技(理科4科目と数学、情報の分野から出題)に取り組み、午後は実技競技に挑みました。高校2年生の6名のメンバーで、互いの得意分野を生かしながらチームで支え合って健闘してきました。

  


 

大学出張講義が行われました。(高校2年生)11/08

 11月8日(水)、各大学から先生をお招きし、高校2年生を対象にした大学出張講義が行われました。大学の講義に触れることのできる貴重な機会で来年度受験生になる本校の2年生は、講義に熱心に耳を傾けていました。


             終了後の記念写真


 

古着回収ボランティアが終了しました。

 7月から、生徒会役員と高1の奉仕体験活動の生徒が取り組んできた、古着回収ボランティアが終了しました。地域や保護者の方々からのご協力を得て、段ボール14箱分の子供用衣料を回収・選別・梱包し、10月5日にようやく発送を終えました。送付した古着は、(株)ファーストリテイリング(ユニクロ)を通して難民キャンプなどに届けられる予定です。
 ユニクロの「届けよう、服のチカラ”プロジェクト」への参加は、本校では2013年から継続しており、今年も大きな成果を上げることができました。ご協力いただいた多くの方に、感謝申し上げます。今後とも、よろしくお願いいたします。

  


  
 

               


本校生物部が「むさしのサイエンスフェスタ2017」にブースを! 

 11月3日(金・祝)武蔵野総合体育館にて、武蔵野市教育委員会主催の「むさしのサイエンスフェスタ2017」が開催され、小・中学生を対象とした体験型実験ブース「myDNAを見てみよう」に本校高等学校生物部が参加しました。以下は参加した本校生物部員の感想です。
 「たくさんの子どもたちがDNAの抽出実験に参加し、楽しみながらも真剣に実験に取り組んでいました。実験方法の説明をしっかりと聞きながら、熱心に実験を行っていました。操作がうまくいかず、DNAがたくさん抽出できないこともありましたが、多くの子どもたちが自分のDNAを見ることができました。最後にお土産としてDNAを持ち帰ることができ、うれしそうでした。」

  

 


生徒会役員選挙が実施されました

 11月1日(水曜日)6時間目に、高校生徒会役員選挙が実施され、立候補者全員が信任されました。
 それぞれの公約を実行にうつして、自主的で活発な生徒会活動が実施されることを期待しています。


  




10月25日 キャリアデザイン(異文化理解)の授業を実施しました(高校2年生)

 10月25日(水)56時間目を使って、高校2年生では「異文化理解」の授業を行いました。本校のキャリア・デザインの一環として実施されたもので、各クラスに5人ずつの外国人留学生を招き、グループ毎に英語でディスカッションを行いました。
 以下は受講した生徒の感想です。
 
I really enjoyed this program.  At first, I was nervous because I’m not good at English.  But the foreign students were very kind and spoke slowly and clearly, so I could understand what they said.  I tried to talk with them in English.  When I could make myself understood, I was happy and gained a little confidence.  If I have such a chance again, I want to speak English more. 
(2年 女子)
 
I had an exciting experience that day.  I went to meet foreign students during the lunch break.  I was wearing a sweat shirt with a word “Nittaku” on it.  When one foreign student saw the sweat shirt, he said to me, “Do you belong to a table tennis club?” I was very pleased to find that he knew the meaning of the word.  It was really exciting.  Like this, the program taught us various lessons which will be useful in the future. 
(2年 男子)

   

 



音楽科 我が国の伝統音楽の授業(高校1年生)

 高校1年生の音楽では、毎年9月・10月に箏の授業を行っています。一人が一面の箏を使い、「六段の調」初段を全員で練習します。時間に余裕のあるクラスは、十七絃を加えた合奏も行います。
 10月4日(B~E組)、10月6日(A組)には、箏の演奏家大浦美紀子先生(元東京藝術大学講師)が今年も指導をしてくださいました。大浦先生は本校卒業生でもいらっしゃるので毎年指導に来てくださいます。様々な手法の紹介や素晴らしい演奏を披露してくださいました。
 10月25日(B~E組)、10月27日(A組)では、「六段の調」の発表をグループごとに行いました。「六段の調」には様々な手法があるため初心者にとっては難しい曲ですが、生徒たちは9月から練習を重ね、朗々とした音でしかも手法ごとに異なる特徴的な音色も表現することができました。
 発表後に東京藝術大学大学院邦楽科の学生さんが、尺八についての解説と「六段の調」「春の海」を前述の大浦美紀子先生と一緒に演奏してくださいました。尺八・箏の素敵な音色に感動し、また同世代の方が日本の伝統音楽を継承されていくことについて生徒たちは多々感じることがあった素敵な出会いになったと思います。


  

 

十七絃を加えた合奏です

 

グループ発表の様子
 


東京藝術大学大学院の学生さんが来校してくださいました
 

大浦先生との演奏
 


 


10月11日に中高合同の避難訓練が行われました。

   地震発生後、火災が発生するという複合災害を想定した訓練です。地震発生後、すみやかに自分の身を守り、火災発生の中、安全な避難経路を判断し、体育館に避難しました。今回は教職員の人員確認訓練も実施しました。いざという時の「自助」の訓練の大切さを参加者で確認することができました。
 避難訓練の後、高校陸上競技部関東大会出場と、国際地理オリンピック出場生徒の表彰を行いました。

      副校長による講評                       高校陸上部関東大会出場記念表彰
  

第14回国際地理オリンピック日本代表選抜大会に日本代表として出場し、団体部門のポスターセッションにおいて、第1位に輝きました。
  

 
 

外務省の仕事~問わず語り~ (10/4(水)高1「人間と社会」)

 10月4日水曜日6時間目「人間と社会」の時間に、外務省高校講座「外務省の仕事~問わず語り~」講演を実施しました。
 講師の髙水英郎さんは本校卒業生で、現在外務省大臣官房文化交流・海外広報課 首席事務官をされておられます。講演は、母校武蔵高校当時の様子から大学時代を含めて和やかな雰囲気で始まり、外務省の仕事や役割などについて苦労話などを挟みながらお話をいただきました。最後は、「未来を担う皆さんへ」ということで、本校の教育理念である「国際社会に貢献できる知性豊かなリーダーに」近づくようアドヴァイスをいただきました。生徒たちは大先輩のお話しを興味深く聞きいっていました。



 

平成29年度第2回授業公開を実施しました (10/2~4)


 10月2日(月)から4日(水)まで授業公開を実施しました。今回は平日での実施でしたが279名の方が中学1年生から高校2年生までの授業をご覧になりました。ご来校、誠にありがとうございました。  特に英語の授業に驚かれた方が多く、アンケートにはたくさんの感想をいただきました。また、前回は木・金・土曜日に実施しましたが、今回は月・火・水曜日に設定しました。その結果、「平日でゆっくり参観できた」というご意見もいただきましたが、「土曜日に実施してほしい」というご意見もいただいております。
 次回の授業公開は、11月10日(金)、11日(土)、13日(月)に予定していますので、小学生・中学生の皆さんも是非お越しください。

 
 
  

第2学期始業式を行いました。8/28

8月28日(月)に始業式を行いました。
校長先生からは本校教育目標をもとに2学期に向けての話があり、生活指導部からは苦労することの大切さについての話がありました。その後、夏季休業日中の部活動大会の表彰(吹奏楽部卓球部)を行いました。

 校長先生の話                 生活指導部から
 
  表彰 吹奏楽部               表彰 卓球部
 
〒180-0022 東京都武蔵野市境4-13-28
電話 : 0422-51-4554 ファクシミリ : 0422-51-3966
E-mail : S1000176@section.metro.tokyo.jp