印刷

日々の学校生活 2018(平成30)年2・3学期

 

オーストラリア語学研修 高1 3/23~3/28

いよいよ研修も全て終わり、修了証の授与です。研修は個人によって違いはありましたが、ホストファミリーとの生活も含め、充実したものになったと思います。

研修風景1 研修風景2

研修風景3 研修風景4

研修風景5 
研修風景6

研修風景7 研修風景8

研修風景9

いよいよ研修最終日です。生徒は、健康面も問題なく、元気に研修に行っています。

授業風景1 授業風景2

授業風景3

高校1年生の生徒たちは24日朝、全員無事にブリスベン空港に到着しました。その後、現地大学生と交流を行い、本日(25日)から、ヒルズ学園で研修を開始しています。生徒たちは、グループ研修またはバディと二人一組での研修に、緊張しながらも楽しく取り組んでいます。なお、現地は晴れ、とても暑いです。

 

中庭 研修風景1

研修風景2




 

修了式を実施しました。 3/22

 3月22日(金)修了式を実施しました。校長先生、生活指導部の先生からお話しがありました。
その後、数学オリンピック、科学の甲子園全国大会、合唱部、高校陸上競技部、高校柔道部の表彰がありました。
最後に、3月にご退職される先生からご挨拶がありました。

    
 
   










 

第71回卒業式 3/16

3月16日(土)に第71回卒業式を行いました。
 













 

音楽の授業でアンサンブルの発表会を行いました。高1 3/6

3月6日(水)の1年生音楽の授業で、アンサンブルの発表会を行いました。最後の発表になりますので、10年間音楽の授業を受けてきた中で1番自信をもって発表できる内容をグループごとに考え、1月から練習に取り組んできました。表情豊かな演奏、調和のとれた息の合った演奏が多くありました。美術選択のクラスメートも聴きに来てくれ、和やかな演奏会になりました。8日(金)13日(水)15日(金)にも発表会を予定しています。

 

 

 




 

第8回科学の甲子園全国大会記者説明会に東京都代表として2名が参加しました。2/13

都立武蔵高校の2年生のチーム(6名)が,3月15日から18日まで3泊4日で行われる第8回科学の甲子園全国大会に東京都代表として出場します。各都道府県1校の代表チームが,物理,化学,生物,地学,数学,情報の筆記競技と3種類の実技競技を行い,日本一を目指して競います。
全国大会に先駆け,報道機関向けの記者説明会が2月13日に市ヶ谷の科学技術振興機構で行われました。記者説明会には都立武蔵高校の代表2名と宇都宮女子高校の生徒2名が参加し,約20名の報道関係者に向け,大会に向けた意気込みなどを語りました。詳細は,第8回科学の甲子園全国大会の公式ホームページで観ることができます。






 

古着回収活動が感謝状をいただきました。

 「昨年7月から10月まで、生徒会役員と高校1年生奉仕体験コースの生徒が中心に取り組んできた古着回収活動が、先日(株)ファーストリテイリング(ユニクロ)、国連難民高等弁務官駐日事務所より感謝状をいただきました。協力してくださった近隣住民の方々、保護者並びに生徒、本活動のために直接足をお運びになり、洋服を届けてくださった皆様にこの場を借りて感謝の気持ちを伝えさせていただきます。2013年から始め、本校の伝統となりつつあるこの活動ですが、毎年、皆様のご協力あって成り立っております。本当にありがとうございました。
 なお、今回集まった120リットル段ボール10箱分の子供服は(株)ファーストリテイリング(ユニクロ)を通して、海外の難民キャンプに届けられます。今後とも、よろしくお願いいたします。」
                      高校生徒会執行部・中学生徒会役員会

   回収風景   高校生と中学生          古着の搬送 高校生
 
     感謝状





 

コミュニケーション講座を実施しました。 高2 2/13

「人間と社会」の授業で、足立区のご紹介でプロの芸人をお招きし、「コミュニケーション講座」を行いました。当日は、笑いを取り入れながら、コミュニケーションの大切さ、自分の短所が実は長所であるなど、様々なことを学ぶことができました。




 

「東京 春のコーラスコンテンスト 2019」で合唱部が銀賞を受賞 2/3

合唱部は,2月3日(日)に行われた東京都合唱連盟,朝日新聞社主催の「東京 春のコーラスコンテンスト 2019」に中・高合同で出場し,高等学校混声の部で2年連続の第2位 銀賞を受賞しました。
「東京 春のコーラスコンテスト」は関東近県の合唱の盛んな学校が出場する絶対評価を用いたコンテストで,高等学校混声の部には15校が出場し,1校が金賞(85点以上),3校が銀賞(80点以上),4校が銅賞(75点以上),2校が優秀賞(70点以上)を獲得し,「東京都立武蔵高等学校・附属中学校合唱部」は音程,リズム,演奏解釈,発声・声のブレンド,表現力の合計得点が銀賞3校の中で最も高く,第2位を受賞しました。中学生11名,高校生19名の30名で,松下耕作曲の「狩俣ぬくいちゃ」と千原英喜作曲の「寂庵の祈り」を豊かで緻密なハーモニーで歌い上げ,フレーズごとの色の変化がよく表現できていました。今回の第2位受賞により,「東京都立武蔵高等学校・附属中学校合唱部」は,このコンテストで7年連続の入賞となりました。
 
 
 
 
 

奉仕体験活動発表会を実施しました。高1 1/30

奉仕活動でお世話になった各事業所からの来賓7名をお迎えして、奉仕体験活動発表会を行いました。班ごとに具体的な様子をスライドにまとめ、社会貢献の考え方・今後のボランティア活動への意欲等を伝え合いました。

 





 

大学入試センター試験が終了しました。

1月19日、20日に実施されたセンター試験に、高校3年生と卒業生が挑みました。
両日ともに穏やかな晴天に恵まれ、大きなトラブルもなく、何よりでした。
これから本格的な大学の個別入試がスタートします。それぞれが努力し、培ってきた力を存分に発揮して欲しいと思います。武蔵生の健闘を祈ります。

 




 

本校高校1年の生徒がピアノコンクール アジア大会で金賞を受賞しました。

1月11日(金)に開催された「第20回ショパン国際コンクールin ASIA」アジア大会のソロアーティスト部門に本校高校1年生の生徒が出場し、金賞を受賞しました。
このコンクールは、優美かつ華麗なショパンの音楽を通じて国際レベルの優れた演奏家を発掘・育成することを目的としています。
これからも練習に励み、さらに素敵な演奏を目指してほしいと思います。







 

本校高校1年生の生徒がピアノコンクール全国大会で金賞を受賞しました。

1月8日(火)に開催された「第20回ショパン国際コンクールin ASIA」全国大会のソロアーティスト部門に本校高校1年生の生徒が出場し、金賞を受賞、1月11日(金)に開催されるアジア大会への出場が決まりました。
このコンクールは、優美かつ華麗なショパンの音楽を通じて国際レベルの優れた演奏家を発掘・育成することを目的としています。
本番が続きますが、素敵な演奏を期待したいと思います。





 

3学期の始業式を実施しました。1/8

1月8日(火)に3学期の始業式を実施しました。
校長先生からは、日本の文化を大事に、健康で夢の実現のために努力を続ける1年にしてほしいというお話がありました。生活指導主任からは、昨年1年間を振り返り、3学期は新年度の準備期間にしてほしいというお話がありました。
高校柔道部の表彰も行われました。
   校長先生のお話                                                             生活指導主任のお話
 
 柔道部の表彰






 

2学期終業式・避難訓練を実施しました。 12/21

12月21日(金)に2学期最後の避難訓練と、終業式を実施しました。
避難訓練では、保健部主任から日ごろの備えが大切であるという防災講話がありました。
終業式では、校長先生や生活指導主任から冬休み中の生活の諸注意と、中高合わせて様々な成果が表彰されました。また、体育科の教員がサッカー国体準優勝として表彰されました。
【中学】
科学コンテスト銅賞、日本学生科学賞、水の作文コンクール、税の作文コンクール、陸上競技部、剣道部
【高校】
科学甲子園都知事賞、剣道部

 防災講話                                                            校長講話
 

 科学甲子園表彰                   税の作文コンクール表彰
 




 

球技大会を実施しました。高1 12/18

12月18日に高校1年生球技大会を実施しました。中学の時とは違い、初めての自分たちで運営する球技大会でしたが、無事開催することができました。およそ20日前から準備を始めました。本番では効率性と組み合わせの面白みを重視しようとしましたが、いざ実践的に考えるとなかなかうまくいかず手間取ってしまい準備に時間がかかってしまいました。今後さらに自分たちで企画し運営することが増えていくと思うので実践的に臨めるようにしたいと思います。(球技対実行委員長 高橋諒)

 




 

音楽科 民族音楽アンサンブルの発表会を行いました。高1

12月14日(金)19日(水)、高校1年生音楽の授業で、民族音楽アンサンブルの発表会を行いました。
日頃接することの少ないアジア・アフリカの音楽に関する鑑賞授業の後、少人数のグループに分かれ、アンサンブルの練習を行いました。「草原情歌」「ラサ・サヤンゲ」「ウスクダラ」などの比較的有名な曲の他、全く知らない曲を練習したグループもありました。原語に挑戦、ハモリのパート・打楽器パートを作曲など、グループごとにそれぞれが選曲した曲(国)の特徴を表現しようと工夫して練習に取り組みました。東京オリンピックに向け外国の方に接する機会が増えます。いろいろな国の文化に興味を持ち、それらを大切にしてほしいと思います。

 

 




 

「社会発見!サイエンス講義」が開催されました。 12/11

12月11日(火)放課後、「社会発見!サイエンス講義」(協力:日経サイエンス社・日本経済新聞社)が開催されました。この講義は、企業で研究・開発に携っている研究者を招き、企業の研究開発活動の最前線を生徒に伝えることにより、今後の進路選択やキャリア形成の一助とすることを目的としたものです。今回は、中外製薬研究員・三瓶 全次郎氏(本校52期卒業生)による「創薬研究と製薬会社の役割」の講演で、高2~中3の約40名の生徒が、治療満足度が低く、革新的な医薬品により治療法の進展が期待される領域での創薬の状況を、血友病治療薬の開発を通してお話しいただきました。

 




 

「科学の祭典」が行われ、高2チーム(1位で全国大会へ)が表彰され、生物部が研究発表しました。11/25

11月25日(日)、 ビックサイトにおいて「科学の祭典」が行われ、様々な表彰や発表がありました。
・「科学の甲子園東京大会」に参加した高校2年生のチームは41校中、第1位に輝き全国大会への参加が決定しました。(参加領域:「物理」1位、「化学」2位、「数学」2位、「実技」1位)
・また、同会場では生物部の高校1年生が「ポスター発表」にエントリーし「日本産サワガニの秋川における自然集団における遺伝的二系統の分布調査」をテーマに発表しました。
 
高校チームの表彰式




 

生徒総会(後期)が行われました。11/21

11月21日(水)第6時限、体育館にて高等学校の生徒総会(後期)を実施しました。
 生徒会会則の改正や新旧役員挨拶、前期委員会・中央審議会の活動、後期活動方針等について報告と審議が行われ、すべて承認されました。本校では、会の運営や進行はすべて生徒主体で進めています。前期の反省を踏まえ、来年度に向けて後期の活動が充実したものになるよう期待しています。





 

校外学習を実施しました。高1・高2 11/2

11月2日(金曜日)、高校1年、2年の校外学習が実施されました。

1年生は、2020年の東京オリンピックを踏まえ「海外からの観光客に向けて、東京の歴史・文化等を紹介するコースを設定し、その実地踏査を行う」ことをテーマとして活動しました。始めに両国の江戸東京博物館で、東京都の歴史を学び、体験した後に各班行動で浅草やスカイツリー、上野などで東京の文化に触れました。天気にも恵まれ充実した校外学習になりました。
 



2年生は、横浜にて校外学習を行いました。天候に恵まれ、青空のもと、各班は楽しいひと時を過ごしました。
 





 

高校の生徒会役員選挙(後期)が実施されました。10/31

10月31日(水曜日)6時間目、高校の生徒会役員選挙(後期)が実施されました。始めに体育館で立会演説会、そのあと教室で投票が行われました。放課後、選挙管理委員の即日開票により、立候補者全員が信任されました。それぞれの公約を実行にうつして、自主的で活発な生徒会活動が実施されることを期待しています。





 

音楽科 尺八・箏の授業を行いました。高1

10月24日(B~D組)、26日(A組)、高校1年生音楽の授業で、東京藝術大学邦楽科の学生さんが、尺八についての解説の他「六段の調」「春の海」を大浦美紀子先生(元東京藝術大学講師)と一緒に演奏してくださいました。尺八・箏の素敵な音色に感動し、また同世代の方が日本の伝統音楽を継承されていくことについて多々感じるものがありました。「尺八を練習し始めた時、1か月間音が出なかった」「負けん気も大切」等のお話もあり、これから自分の進路を考える生徒達にとっては、素敵な演奏と共にとても貴重な体験となりました。

10月26日、「六段の調」の発表をグループごとに行いました。「六段の調」には様々な手法があるため初心者にとっては難しい曲ですが、生徒達は9月から練習を重ね、朗々とした音でしかも手法ごとに異なる特徴的な音色も表現することができました。

 



 

本校高校1年生の生徒がピアノコンクールで入選しました。

第20回ショパン国際コンクールin ASIA」のソロアーティスト部門に本校高校1年生の生徒が出場し、地区大会で金賞を受賞、来年1月に開催される全国大会への出場が決まりました。
このコンクールは、優美かつ華麗なショパンの音楽を通じて国際レベルの優れた演奏家を発掘・育成することを目的としています。

「第72回全日本学生音楽コンクール」(毎日新聞社主催)の東京大会本選ピアノ部門高校の部が行われ、本校高校1年生の生徒が入選しました。このコンクールは、学生コンクールとしては最も有名な歴史のあるコンクールです。

今年の文化祭では、ショパンやラフマニノフ等の作品を演奏しました。素晴らしい演奏で満員の聴衆を魅了しました。これからも練習に励み、さらに魅力的な演奏をめざしてほしいと思います。

文化祭での演奏







 

第1回学校説明会が行われました。10/20

10月20日(土)に、高校の第1回学校説明会が行われました。教員からの学校紹介のほかに、中学3年生からの部活紹介や、生徒会長、行事実行委員長、高校1年生から学校生活についての話をさせていただきました。ご来校くださった方々、ありがとうございました。次回は11月10日の実施です。ご来校お待ちしています。

 








 

 食の流通を通して持続可能な飲食店を考える店舗見学会を実施 10/20(土)

持続可能な飲食店と食の流通を考える見学会を行いました。株式会社ゲイトさんの協力で、実際に経営している飲食店を見学に行きました。ゲイトは三重県の漁港に漁船を自社で購入し、漁業の観点から地域振興に貢献しています。また、SDGsのゴールの一つである「責任ある生産と消費」の観点から、食品の流通も実際に見学とお話を通して理解を深めました。実際に三重でとれたお魚も試食しました。今後、中学3年生では、「2020年に外国人観光客をハッピーにする店舗デザイン」について、中学1年生は「責任ある持続可能なメニューの開発」についてSDGsを意識しながら、土曜授業を中心に考えていきます。







 

   ドキュメンタリー映画を通して地球環境を考える会を実施10/19(金)

今回は、初めて生徒が企画運営して珊瑚の白化現象のドキュメンタリー映画 “Chasing Coral” の上映とディスカッションを行いました。ゲストには川端潮音さん(海辺の環境教育フォーラム)をお迎えしました。中学2年生の生徒は、この映画上映のイベントに参加し、この映画を学校で上映したいと関係者とつながりこの日を計画しました。映画の中でニューカレドニアの珊瑚が蛍光色になる現象が出てきました。海温が上がり珊瑚が白化する中での異常現象。鮮やかな色は、「私を見て」と最後のメッセージを絞り出しているよう。柔らかで優しい感情を感じます。繊細で控えめな感情。「森林が一気に白くなったらどうですか」と強烈なメッセージが続く。海の中は森のように見えないけど、全部繋がっている。そういう強いメッセージが生徒のやりたいに繋がってたくさんのプロジェクトが生まれそうです。チャーリーベロン博士の「今やりたいことを発信し続けないと死ぬ時後悔する」という言葉も背中を押してくれました。
 








 

全校避難訓練と防災講話、陸上競技部員の表彰が行われました。10/10

全校避難訓練と防災講話を、10月10日(水)6時間目に行いました。地震の後に火災が発生したという想定で、全校生徒が体育館に避難する訓練をしました。その後、一般社団法人Bridge for Fukushima代表理事の伴場賢一さんのお話を聞きました。伴場さんには、東日本大震災の津波の恐ろしさについて、映像も交えながらお話しいただきました。災害の記憶を胸に刻むとともに、「その時」どのように行動すべきかを考える貴重な時間となりました。一人ひとりが防災を自分のこととして捉え、減災につながる行動をとれるよう、今後も訓練を続けます。
 

防災講和の後、女子やり投げで「平成30年度 関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会」へ出場する高校陸上競技部員の表彰が行われました。日頃の練習成果を十分に発揮し、頑張ってほしいと思います。




 

授業公開を実施しました。10/2~10/4

10月2日(火)から4日(木)まで授業公開を実施しました。平日でしたが、223名の方が来校され、中学1年生から高校2年生までの授業をご覧になりました。ご来校、ありがとうございました。
アンケートには「生徒が集中している」「英語・数学が習熟度別で良い」「授業が興味深い」等
たくさんの感想を書いていただきました。特に英語の授業に驚かれた方が多く、「英語だけでコミュニケーションしていて楽しそう」「先生が常に英語で話しかけていて良い」等の感想をいただきました。ご要望としては、「土曜日に実施してほしい」というご意見を多数いただきました。次回の授業公開は、11月9日(金)、10日(土)、12日(月)に予定していますので、小学生・中学生の皆さんも是非お越しください。








 

音楽科 箏の授業を行っています。高1

高校1年生の音楽では、毎年9月・10月に箏の授業を行っています。1人1面の箏を使い、「六段の調」初段を全員で練習します。今年は、十七絃との合奏(時間の無いクラスは希望者のみ)も行いました。
9月28日(A組)、10月10日(B~E組)には、筝の演奏家大浦美紀子先生(元東京藝術大学講師)が指導をして下さいました。大浦先生は本校卒業生でいらっしゃるので、毎年指導に来て下さいます。様々な手法の紹介や素晴らしい演奏を披露して下さいました。
今月末にはグループごとに「六段の調」初段の発表を行う予定です。これから練習を重ね、素晴らしい演奏を目指してほしいと思います。

 



 

体育祭が開催されました。9/18

9月18日に体育祭が開催されました。予定していた14日は雨天のため、18日に順延されました。当日は630名の保護者の方にご来場いただきました。ありがとうございました。
生徒たちは体育祭実行委員を中心に、各団が一丸となり競技に取り組みました。応援の声も大きく、大いに盛り上がりました。当日はプログラムの変更があったものの、生徒たちが臨機応変に運営している様子がありました。また、今年から新しくなった「創作演舞」では、各団が工夫を凝らしたダンスを発表し、練習の成果を発揮していました。

開会式                       高校女子 騎馬戦
 
高校男子 棒倒し                  高1 棒引き
 
高2 ローハイド                  高3 大繩
 
部対抗リレー                    白団 創作演舞
 
黄団 創作演舞                   青団 創作演舞
 
赤団 創作演舞                   緑団 創作演舞
 



 

体育祭予行が行われました。9/13

9月14日実施の体育祭に向けて、13日に予行が行われました。体育祭実行委員を中心に、プログラムの流れを確認し、明日に向けて備えました。生徒たちの練習の成果をご覧になることを、楽しみにしていてください。






 

創作演舞 タイムリハを実施しました。9/1

夏休み練習の成果を発表する、創作演舞タイムリハーサルを実施しました。
各団工夫を凝らした演舞や総勢80名でのパフォーマンス。今回で見つかった課題を、本番までにしっかりと修正して、より良いパフォーマンスを楽しみにしていてください。

 

 




 

体育祭 結団式を行いました。

9月1日(土)に高校体育祭結団式を行いました。
今年度から、結団式は団ごとに行い、団長・演団を中心とした決起集会として開催しました。
2年生が学校全体を引っ張り、盛り上げる最後の行事です。成功に向けて、1年生も3年生も協力し、一致団結した体育祭を期待しましょう。

 






 

熱中症予防のため、教室で始業式と第3回避難訓練を実施しました。8/27


2学期が始まりました。熱中症予防のため、始業式は放送で行われました。2学期の大きな行事である体育祭や文化祭に関して、校長先生や生活指導の先生からお話があったあと、2学期から新しく配属されたJETの先生から英語でご挨拶がありました。最後には水泳部などの部活動の表彰がありました。
また、始業式の最中の地震を想定し、避難訓練も実施されました。地震により放送機器が使えない想定での避難訓練を実施し、最後には保健部の先生から夏休み中の防災キャンプに関するお話がありました。




 
〒180-0022 東京都武蔵野市境4-13-28
電話 : 0422-51-4554 ファクシミリ : 0422-51-3966
E-mail : S1000176@section.metro.tokyo.jp